情の章(こころ)

情の章(こころ)とは

被災時には最愛の伴を亡くすこともあります。いかに気丈な人であっても、喪失に伴う痛みは計り知れません。災害時の心のケアの重要性が提唱され、東日本大震災においても災害看護に精通した看護師や社会福祉士をはじめ多数の心のケア班が派遣されて、被災者ならびにそのご家族の対応を行っています。こころの支え合いが人のいのちをつなぎとめます。本ネットワークでは、被災者一人ひとりで取組可能なケアを考えます。